スタッフブログ

代表の執務日誌

2019/10/18
年末を感じました!

こんにちは、司法書士の赤尾です。

今日、12/27付の新設分割は可能かというお問合せがあり、
もうそんな時期かぁと、思った次第です。。。

2019年も、終わりが近づいていますね~

ここ最近は、顧問先の大型組織再編なんかが重なっているので、
そこにリソースを割くことが多いのですが、
同時に債務整理関連、主に破産申立書類の作成もちょこちょこやってます。

これまで、数多くの申し立てをお手伝いしましたが、
毎度ながら、破産申立ては注意すべきポイントが多いです。

職業制限(警備員や保険の外交員、取締役 etc。。。あっ司法書士も含まれますね)、
資産の有無、借入金の使途、偏波弁済の有無などなど。

注意すべき点も依頼者ごとに違うので神経を使う案件です。

もちろん、破産申立てを行う以上、債権者に対する返済の免除を目指すわけですが、
逆に債権者側からみると、破産とは債権が実質0円になることを意味します。

憲法は財産権の不可侵を規定してますから、本来、守られはずの財産=債権者の債権について、
これを奪うのが破産法のもう一つの側面です。

そうすると、破産者には、それ相応の準備と理由が求められるのは当然ですし、
制限もあって然るべきです。

こうした理由から、ときどき依頼者に厳しいことを言ってしまうのですが、
それは債権者の立場も理解したうえでの発言なので、
どうかご理解をいただけると有難いと思っています。

破産とは債権者にとって大きなインパクトがありますから、
破産者には、きちんとした反省の気持ちと今後の生活を改めていただく努力が必須なのです。

少なくとも、うちの依頼者には、そのことを十分に理解していただきたいと思っておりますし、
反省と生活改善こそが、破産申立てをする真の意義だと考えています。

司法書士 あかおリーガルオフィス
〒104-0045 東京都中央区築地2-7-12 15山京ビル1107号
営業時間 9:00~19:00
定休日 土日祝
※「ご予約のお電話」および「面談」については、土日祝、夜間も対応いたします。
無料相談実施中 夜間・土日祝の予約も可能です
電話でのお問い合わせ TEL 03-6226-4770
メールでのお問い合わせ

無料相談実施中 夜間・土日祝の予約も可能です
電話でのお問い合わせ TEL 03-6226-4770
メールでのお問い合わせ

司法書士 あかおリーガルオフィス

代表司法書士  赤尾 宗慶
〒104-0045
東京都中央区築地2-7-12
15山京ビル1107号
営業時間9:00~19:00
定休日 土日祝
※「ご予約のお電話」および「面談」については、土日祝、夜間も対応いたします。
  • TEL:03-6226-4770
  • FAX:03-6226-4771
  • E-mail:info@akao-legaloffice.jp
MAP
築地駅徒歩3分
新富町駅徒歩3分
東銀座駅徒歩8分
東京・横浜・川崎・千葉からの
アクセスも便利な
築地・銀座・新橋エリア

事務所概要

  • スタッフブログ